お墓は 聖雅 お墓のことなら 石本石材

児玉神社 御奉納者募集のお知らせ

  • HOME »
  • 児玉神社 御奉納者募集のお知らせ

弊社(株)石本石材が設計施工を致します『児玉神社 我が国を守った砲弾(明治日本の技術遺産 二十八センチ榴弾砲の砲弾)』を展示するにあたり、御奉納者三百名(今日現在二百名)募集のお知らせです。

1万円以上のご奉納者の方は台座石の後ろに名前を刻みます。沢山の応募をお待ちしています。

お申込みは、児玉神社に直接お申込み頂くか、または石本石材までお願い致します。

以下、砲弾展示台座に刻む碑文です。

明治三十七~三十八年(一九〇四~一九〇五)、圧倒的武力で日本を占有しようとする帝政ロシアに対し、日本の国民が一丸となって戦ったのが日露戦争です。列強が世界中を植民地化していた時代に、我が国だけが最強国のロシアに勝ち、尊厳ある独立を守り抜いたのです。日本の勝利に東アジアの諸民族は歓喜し独立の気運に沸き立ちました。
 この戦争の勝敗を決したのが旅順攻略です。旅順は極東侵攻を見据えた露の軍事的要衝で、鍵となる二百三高地占領に日本は苦戦を強いられました。その時、
御祭神が司令部から直接戦場へ赴いて指揮を執り、巨大な二十八センチ榴弾砲を用いて猛攻をかけ、二百三高地を確保、旅順港停泊中のロシア艦隊をも全滅させました。これが日本海海戦での完勝へとつながり、我が国の勝利を決定的にしました。もし日本が負けていれば、日本はロシアの植民地とされて事実上消滅、全日本人は人権をもたぬ奴隷民とされ労働力として生涯を搾取苦役に従事し、歴史は断絶、ひいては東アジア全体もロシア領となっていたであろうことは多くの歴史家が指摘しております。
今日、我が国が独立国家として存在し繁栄を享受し得るのは、ひとえに先人の御蔭であり、その勇気、祖国愛、犠牲を我々は決して忘れてはなりません。
その二十八センチ砲弾が、京都嵐山美術館館長の新藤源吾氏より寄贈されました。寄贈に当たり佐々木信之氏、甲飛喇叭隊隊長の原知崇氏と隊員の方々にご尽力頂きました。砲弾は全長八十センチ、直径二十八センチ、重量約二百五十キログラム、現存の砲弾としては珍しく完全形を残すものです。
ロシアの支配をはねのけた日本戦勝を記念し、御祭神の御功績を仰ぐよすがとして、さらには維新後三十年程で、国土防衛のための近代兵器を知恵と工夫を以って作り上げた明治日本の技術遺産として、この砲弾を末永く当社境内に安置し、後世に伝えるものであります。
西暦二〇一九年四月十四日 御祭神御生誕百六十七年祭
児玉神社宮司 山本白鳥

 


お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-425-666 受付時間 10:00 - 19:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社 石本石材 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.